チャーガ

シベリアの農民たちが白樺林に育つチャーガをお茶にして飲んでいた。北アメリカの先住民やアイヌの人々も飲んでいた。1991年イタリアチロル地方で見つかった5000年前の氷結ミイラ「アイスマン」の所持品の中にもあった。日本語ではカバノアナタケ。 

 ガンに効くとか、認知症にも効くとか、ネットに書いてあったので、両親のために採ってきた。母が胃癌で父が認知症。どちらも軽度だ。これ以上悪くならないように。調べてたら脂肪肝にも効くらしい。毎年γーGTPの数値が高くてイエローカードをもらっている俺自身も飲んだ方が良いのかもしれない。 

2件のコメント

  1. ご無沙汰しています!

    脂肪肝とγ-GTPのワードにピピッと反応しました(笑)
    ファット体型なので自分も飲みたいでっす。

    北見に行った時には是非ともプリーズ!  その頃には無いですね・・・(*^。^*)

  2. ティカさんコメントありがとうございます。
    カバノアナタケ茶を振る舞いますので、ぜひ北見にお越しください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です